フレッドのオリーブオイル

Domaine Salvator

バッツの塩

BINET1660

数え切れないほど多くの方に​愛され続ける

信頼される調味料のおもてなし

生産者の真心と誠実品質、

安心を皆様の食卓に届けさせていただきたい。

豊な心をはぐくむ食卓と皆様の健康を願って!

新着情報

IMG_2815.jpg

2020年 ニューヨーク

国際オリーブオイルコンクール 金賞受賞

2020年 新しいパッケージに変わりました。

IMG_2749 (1).JPG

2020年 パリ

​国際オリーブオイルコンクール 金賞受賞

2020年 新しいパッケージに変わりました。

{フレッドのオリーブオイル}

商品のご紹介

オリーブ栽培から搾油まで

一貫して自社製造

バッツの塩

商品のご紹介

乾燥機、粉砕機一切不使用

約一年の歳月をかけて自然に水分を除く

IMG_1853.JPG
IMG_1854.JPG

フレッドのオリーブオイルの特長

1902年~オリーブ栽培をしている

フランス由緒あるオリーブ農園。

品質第一をモットーにオリーブオイル造りをおこない続け

​フランス全土でとても有名で誠実な製品作りをしています。

エクストラヴァージンオリーブオイルの品質は、

栽培される環境により決まります。

天候、土壌、湿度、温度、、、

そして、オリーブの品種によって栄養成分はずいぶん異なります。

そして搾油時に水を加えるのか?加えないのか?

水を加えると栄養成分は水と一緒に流出してしまいます。

 

オリーブオイルの品質にとても重要なのは、

オリーブ果実を収穫して搾油されるまでの所要時間、

搾油される機械の効率

そして、搾油の温度。

工場内は20℃未満の室温でとても寒い空間で

オリーブオイルを搾っています。

更に重要な事は、

作り手が誰であるか?

フランス特有品種オリーブ栽培搾油に熟知し、

最終工程までの品質に誠実にそして熱意をもって食卓に運ばれるのか?

世界中生産されているオリーブオイルの中でも

フランスのオリーブ栽培可能な地域の最北端にオリーブ農園が有り、

​ミストラルの風(地域風)は、オリーブ栽培環境の風通しを自然に行います。

フレッドのオリーブオイルは、

フランス産オリーブ果実を育てる時に農薬を使わず栽培ています。

​​​品種の栄養素もオメガ3を含む品種ポリフェノールを沢山含む品種でした。

オリーブ果実の収穫から自社の搾油工場へ2分で運ばれ、

即、オリーブ果実の洗浄を行い、

オリーブ果実の酸化を極限に押え、

搾油が即始まります。

オリーブ果実をペーストにする際、水を加えません。

​生産量は、とても限られています。

極上の品質が保たれるように誠実なひとがらと

召し上がる方々に喜びを感じて頂けるように日々の栽培管理から、

最終工程の搾油、ボトリングまで一貫して

ドメーヌ・サルヴァトール社の自社内で全ての工程を行う、

目の行きとどいた製品を作っています。

バッツの塩の特長

フランスのゲランドの隣に有る、

バッツ シュール メール

海に面した塩田です。

​世界でも海流がとてもよくその他の影響をほとんど受けません。

海から塩田まで細く細く海塩が通る塩水路を作っていきます。

細い塩水路から塩田まで濃度の濃くなってくる塩水が運ばれて来ます。

天日と風で塩田の表面にうっすらと膜を張った様な結晶が

フルール ド セルです。

お塩の中でも超極上のお塩と言われています。

バッツの塩は塩田の位置が恵まれており、

味に 雑味が無く、自然からの恩恵を受けミネラルがたっぷり含まれています。

その為お塩なのにおダシの味を感じられる。

​お塩に旨味が加わっているテイストは格別です。

お塩の収穫は6月から9月頃の一番太陽が照り続く季節に行われます。

毎日吹く風は、吹く方向が異なります。

吹く風の方向によって同じ塩田に出来るお塩

そのお塩の結晶の形状、味は全く異なります。

吹く風毎に収穫されたフルール ド セルは、

水分を多く含みます。

その水分を昔から有るお塩の保管倉庫で

ゆっくり1年ほどの歳月をかけ、自然に水分を除きます。

一切乾燥機にかけません。

自然のままのお塩の結晶の状態を残すので、

一切粉砕機にかけません。

風を読む中世からの伝統製法の超希少塩です。

一番時間のかかるのは、

容器に詰める前に、

お塩の選別を行う処です。

熟練された職人によって少しづつ選別作業を行い、

​最高の状態で容器に詰められます。

IMG_0211 (1)